NEWS

MIYOのスノートリップ

スノーガールの皆さんこんにちはMIYOです☆
シーズンももう半ばだ。。っなんて声が聞こえ始めました。
もうそんな時期?!びっくりです。
都内では花粉も飛び始めたとか。
パウダースノーをもう味わえないのだろうか?

この間、野沢温泉スキー場へ滑りに行ったのですが、以前スノーエンジェルでご紹介させて頂いたゴーグルのABOMを今回も付けていたんですね。

OPEN前のゴンドラの列に並んでいると、女性に声を掛けられ、ABOMの調子をいろいろと聞かれました。
電池は持つのか?どの頻度で付けるのか?など。


どうやらこの女性の連れの男性の方がABOMの初卸だったらしく性能を知りたいようでした。
直接聞きにくればいいのにね(*´艸`*)
オフィシャルでは曇った時にスイッチオンする程度なら数日もつとか?
書いてあるんですよ。数日間は大袈裟な気がする。試したことないけど汗
つけっぱなし機能もあるんですが、これはもったいない病で試してないw
人や天候によるかもしれませんが、わたしは1日は全然持ちます。
私、とにかく顔から湯気が出ているのか?やたら曇ることが多いんですが、そのたびにスイッチ入れて曇りを取ってます。それもかなりの回数w


曇らないゴーグルじゃなくて曇っても曇りが自動で取れるゴーグルです。
勘違いされやすいですが、曇ります!でもすぐ視界良好になるってやつ。
公式HPで曇らないって書いてあるからかもだけど・・。
ヒートで暖めて曇りをなくすので、ゴーグル外して拭かなくてよいし、ゴーグル吹っ飛んで雪まみれになっても死亡しない。
スイッチ入れれば快適視界に戻ります。これを一日何度やってても電池が切れたことはありません。ヾ(o´∀`o)ノ
今シーズン使用して2年目ですがフル充電すれば全然1日持ちます。
年々劣化はしていくと予想はしているのでいつまでもつか試してみます。
なんかABOM信者みたいですねw この辺でやめときます。

先日書かせて頂いた福島トリップから滑りに行ったのは白馬岩岳、栂池高原、コルチナ&乗鞍、妙高杉ノ原、野沢温泉。


それとお初のゲレンデ、アサマ2000で滑ってました。
アサマ以外は全てパウダー三昧でまたもやウハウハ滑ってました。
ノートラックのパウダーを頂けた至福の時を味わったりとか。
どこもそれぞれ楽しいゲレンデです。
白馬方面は今シーズンは雪が少ないと聞いていますが、確かに少ない箇所もありましたけど、雪があれば楽しいのだw
白馬はここ数年夕飯難民になる可能性高い話をよく聞くのですが、白馬泊で宿以外で夕飯を取られる方は必ず予約を入れた方が良いですね。
今回2泊して外でごはん3回食べたのですが電話しても予約いっぱいのお店が多かったです。
運良くありつけた「グリンデル」のチーズハンバーグは美味しかった☆
ベーコンステーキも捨てがたかったし食べたいメニュー多め
このお店、何度かTVにも出ているお店なんですよ。出川哲郎も来てるw

 

機会があってアサマ2000は初めて滑りましたが、
めちゃめちゃカービングしている方が多い!キレッキレです。
全員じゃないか?って思うくらい多かったです。


OGASAKAユーザーもめちゃめちゃ多い。スキーヤーもそこそこ多い。
そんなに混んでいないので基礎系を習うならいいかも?ってちょっと思っちゃいましたね。スノーシューとかアクティビティもあったりファミリーは迷子にならずに済む丁度良いゲレンデかもしれませんね。


隣接しているホテルの食事は豪華でしたよ~♪


ホテルを建て替えているので今年までしか泊れないみたい。
確かシーズンが長くOPENするのも早かった気がするので一早く足慣らしをしたい方にも良いのかな。都心から近いしね。

先日調子に乗って板を折ってしまったので、次は何に乗ろうか考えるだけでワクワクします。
折れたことは何故か悲しくなかったMIYOでしたん♪

参考
ゴーグルABOMB
白馬レストラン「グリンデル」

アサマ2000


Curator:MIYO

毎日のクラブ通いをやめて健康的にスポーツしようと目をつけハマったのがスノーボード。
周りの皆に付いていけず悔しくて務めてた外資系銀行を辞めてカナダへ。
ウィスラーでインストラクター資格取得。
現在は金融に戻り再びOLの週末ボーダー。
雪質やコースやメンツで毎週毎週違う山へ。
年々退化していく様子が甚だしいですが仲間とバカやりながら楽しく滑れる幸せを常に噛み締めてます☆


SNOW ANGEL 2017-2018

SNOW ANGEL18/19

最新のウエアやギア、ゲレンデなどスノーボードに関する情報からビューティケアや冬ファッションまで、最強のガールズスノーボーダーになるためのヒントをギュッと盛り込んだ今号は、スノーボードにハマっているコはもちろん、スノーボード初挑戦のコにも満足してもらえる1冊に仕上がっています。数々の女性ファッション誌で活躍する石田ニコルさんをカバーガールに据えた今作、ぜひチェックしてみてください!!