NEWS

キャンプイン

スノーガールの皆さんこんにちは☆
ここ最近暑かったのに梅雨入りした途端に肌寒い日が続いていて風邪をひいている方をちらほら見かけるようになりました。(6月上旬時点)
今時期にもなると雪山からオフトレに移行する方も増えたりしますが、いまでも月山などに滑りに行かれている方もおられるようでとっても刺激になります!

ワタクシですが、関東も梅雨入りした後ですがキャンプのシーズンインをしました。
やはり梅雨なだけあって週末雨夜方でしたが、晴れるだろ?といつもの感覚で向かったのは大洗のキャンプ場。
初海沿いキャンプです。
暑くて寝れないっていうのだけは避けたいので毎回キャンプをする際は比較的涼しい高原が多く、海沿いって来たことなかったので新鮮です☆

行ったサイトは電源も完備されていて隣との距離も比較的あるところで一番海沿いを予約出来たので景色は良かったですよ♪
ちょうど潮干狩りの時期でしたので、潮干狩りをしてる人たちも見えたし、もちろんサーフィンをやっている人たちをのんびり眺めることも出来ました、

雨予報だったにも関わらず、お天気ももってくれて、しまいには晴れ間も見えるという素敵な日になりました。
想定外だったのは海沿いは海風が涼しいんですね。
この日は気温もあがらなかったのでむしろ寒かったです(笑)
火のそばが温かくて幸せでした。


近くのサイトではファミリーで来ているところもありウェットが干してあったのでみんなで午前中波乗りした後キャンプをしにきたのでしょう。
楽しそうだな~って思いながら眺めてました。

今年初キャンプでしたのでテントを張るのも久々の感覚。
同行者がいろいろとアイテムを揃えてくれていたので快適キャンプができました。おしゃれなキャンプって
テンションもあがりますよね。どんどん極めたくなる人の気持ちが分かる気がします。テントを立ててタープを貼って、火を起こしてテーブルセッティングして・・・・。
好きな人はほんとこの作業が好きなんでしょうね☆


キャンプといえばキャンプ飯ですがわたくしちょっと前日用意が出来ず当日もあまり体調良くなくて
お肉を焼くだけとかサラダを盛るだけとかになってしまいましたが、同行者がダッチオーブンでカオマンガイを作ってくれたので
パクチーたっぷり乗せてもらい美味しく頂きました☆
たまたま近くに友人が住んでいたので呼び掛けたところ、差入持って遊びに来てくれたり、海をお散歩したり
ひたすら海を眺めたり、火をずっと見ていたりw
まったり過ごすキャンプが出来て楽しかったです☆
このまったりがいいんですね。


風が強くて夜中はバサバサ音が凄く、寝てる間は過敏な私には何度も起きてしまう要因にはなってしまいましたが、寒くなく丁度良い気温で寝れて良かったです。
夏ではないキャンプで過ごしやすかったのは最高でした。

翌日は帰りに大洗の漁港で魚介祭りをやっていたので新鮮な魚介を食べにちょっと覗きに行ったり、初めて明太パークへ入って見たり。
観光客が沢山明太子を買って行ってましたよ♪
お腹いっぱい過ぎて明太ソフトを食べれませんでしたけどちょっと興味あります。

そのあと茨城でも有名なパン屋さんに行きたくてちょっと寄り道でつくば方面へ走っていき「クーロンヌ」というパン屋さんと
「ペニーレイン」というパン屋さんへ。


両方とも茨城の美味しいパン屋さんランキングで2位と4位をとっているところなんですよ☆
他にも支店があるのでここでは無くても買ったことのある友達も多く、知っている子も多いパン屋さんですね。
さすがに人気店なだけあってにぎわってました!
雰囲気も良く目移りするような種類の美味しそうなパンにやっぱり沢山買ってしまいめちゃめちゃ食べました。
数日後の体重は恐ろしいことになってましたよ。。。。汗

梅雨でがっつり雨の中テントを張るのは若干気が引けるので、雨の降らないときにまたキャンプへ行こうかなって話しています☆
早く梅雨明けしないかな。。

MIYOでしたん☆


Curator:MIYO

毎日のクラブ通いをやめて健康的にスポーツしようと目をつけハマったのがスノーボード。
周りの皆に付いていけず悔しくて務めてた外資系銀行を辞めてカナダへ。
ウィスラーでインストラクター資格取得。
現在は金融に戻り再びOLの週末ボーダー。
雪質やコースやメンツで毎週毎週違う山へ。
年々退化していく様子が甚だしいですが仲間とバカやりながら楽しく滑れる幸せを常に噛み締めてます☆


SNOW ANGEL 2017-2018

SNOW ANGEL18/19

最新のウエアやギア、ゲレンデなどスノーボードに関する情報からビューティケアや冬ファッションまで、最強のガールズスノーボーダーになるためのヒントをギュッと盛り込んだ今号は、スノーボードにハマっているコはもちろん、スノーボード初挑戦のコにも満足してもらえる1冊に仕上がっています。数々の女性ファッション誌で活躍する石田ニコルさんをカバーガールに据えた今作、ぜひチェックしてみてください!!