NEWS

マイボードの選び方

みなさんこんにちは!!
インストラクターのマミです。

いよいよ3月もあと少しになりました。
あったかくなり、すっかり春ですね~

みなさん、スノーボード楽しんでいますか??
ターンが出来るようになって、新しい事にチャレンジしていきたいなぁ~と。

そうなると・・・

カービングや、グラトリ、パークとさらにスノーボードの楽しさが広がります。

そこで・・・

出来るようになると、『自分の板が欲しい~』と思う方もいるんじゃないかな!?
と、勝手に思って今回は

板を選ぶ時って何かあるの??

という事をピックアップしていきたいと思います!!

ちなみに、私の

身長・・・158㎝

STARTUP SNOWBOARDで板選びの目安として

身長-(15~20㎝)=138㎝~143㎝

と、なりますが、

これは、スノーボードをはじめる時に、板を操作しやすい長さの目安です。
が、しかし・・・
ターンが出来るようになってからはこの板選びも変化してきます。

スノーボード以外で例えるとするなら・・・
服のサイズを選ぶ時みたいな感覚じゃないかな!?

自分が着れるサイズと、自分がしたいファッションやスタイルで、服のサイズ選びって変わってきませんか?

 

そんな感じで、板を選ぶ時も、自分のやりたい滑り方で変化していきます。
そのなかでも、滑り方とは、何??

大きく分けると、ターンをカッコよくしていくか、グラトリやパークなどジャンプしたり回ったりしたいか!?
といった、感じです。

もっと細かく言うと、たくさんあるのですが、今回はこの2つ。

そして、まずは板の長さがかわるとどうなるか?のお話から簡単にしていきますね。

板の長さ 良い点 気になる事
標準より長い スピードが速くなっても安定する。 長さがあるので、操作がしにくい部分もある。
標準の長さ 操作がしやすい。 スピードが出てくると安定しにくくなる。

 

他にも実はあるんです。
表にしてみたので見てみましょう~

次はかたい・柔らかいの違い

板の硬さと柔らかさ 良い点 気になる事
硬い スピードが速くなっても安定はしやすい。 硬いのでその分、脚力が必要になる。
柔らかい 少しの脚力でも板を自分でコントロールしやすい。 スピードが早くなると、柔らかい分、雪の抵抗を受けるので、板が不安定になりやすい。

なんか、難しいですよね・・・

しかも、結局どうすればいいの!?ってなりますよね(笑)

◆ターンが上手くなりたい!!◆
と、いう場合・・・

どんな所でもターン出来るようになりたいですよね。
そして、ターンが上手くなるとゆうことは、少なからずスピードも早くなってきます。
そして、急な斜面でもターンが気持ちよく出来ればもっと良くないですか?

その場合、上の表から選ぶとするなら
板の長さ→長い
かたさ・やわらかさ→かため

 

◆グラトリやパークをしてみたい!!◆
という場合・・・

ジャンプしたり、回ったりする為には操作性が必要となってきます。
板の長さ→標準
かたさ・やわらかさ→やわらかめ

簡単ですが、何をやりたいかで、板の長さやかたさも少しずつ変化していきます。

もちろん連続ターンが安定してからのお話ですよ(^^♪
何をするのも、基本はターン!!が大事ですっ

ここが重要なんです。忘れがちなここをきちんと覚えておいてくださいねっ

そして、この選ぶポイントも、初めて新しいことにチャレンジしていく方に向けてなので、ここからもっと滑れるようになった人は、また板選びが変化していきます。
スノーボードは無限に遊べるし、道具を選ぶのもどんどん変化していきます。
そこが楽しさのひとつなんじゃないかな!?って思う私・・・

ちなみに、
ここで、私が実際にどうやって板を選んでいるのかをお話ししていきます。
パークに入る時は
長さは144㎝の少しだけかための板。

雪山をパークを自由に滑りたいときです。
こだわりは、短めなので操作はしやすいけど、ある程度のスピード(少し早いスピード)でも板が安定してほしい為、これを選びました。

また、
カービングや急斜面を滑る時には
151㎝の少し長めのかたい板。
急な斜面でも安定してターンを気持ちよく出来るようにこの板を選びました。
もちろん、急な斜面ではスピードが速くなります。
そんな時に、安定して滑れるように、これを選びました。

 

2つの板を比べると長さの違いがあるのですが、分かりますか??
こんな感じで、私が選んだこだわりの2本です。

他にも、板にはたくさんの種類があります。
キャンバーやフラット、wキャンバー、vロッカー、などなど・・・

(※ちなみに、私は2本とも、キャンバーです。)

板の性能の違いはたくさんありすぎて私も迷いに迷い、今の板にたどり着きました。
ターンが出来るようになったら、MYボードが欲しくなりますよね。
自分の板を持つようになるとテンションも上がりますっ
特に、おNEWの板は嬉しくて、早く雪山に行きたくなります!!

どんな板がいいかなぁ??と悩んでいる人はお店の人にとことん相談するのもOK!!
板にはたくさんの種類があります。
長さや、かたさの違い、板の形状の違い(キャンバー・ロッカー・・・)。

まずは、どんな事がやりたいか?
もちろん全部やりたい人もいるでしょう。

私もそのタイプなんで(笑)

いろんな事が出てくると、大変やし、分からなくなるけど、それがスノーボードの楽しさでもあります。
言えば、自分でカスタマイズ出来るんです。
自分だけのスノーボードを見つける事にも楽しんじゃいましょう!

それでは、シーズン残り少しですが楽しんでいきましょう〜♪

 

 

 



PROFILE
大西 麻美(オオニシ マミ)

1981年12月13日生まれ。大阪府出身。
資格:JSBA公認 A級インストラクター・C級検定員・幼稚園教諭2種免許
スキージャム勝山のJAPAN SNOWBOARD ACADEMYで13年間キッズなどの初心者を中心に1シーズンで200以上のレッスンを行っているスノーボードインストラクター。
専門の指導者として、質の高いレッスンを提供するのはもちろんの事、スノーボードの楽しさ・魅力を伝える事を理念として活動している。
また、オフシーズンは大阪KINGS(スノーボード・スキーのオフトレ施設)で働き、年間を通してスノーボードの普及活動に取り組んでいる。

facebook  https://www.facebook.com/onishi.mami

Instagram https://www.instagram.com/mami_1213m/


SNOW ANGEL 2017-2018

SNOW ANGEL18/19

最新のウエアやギア、ゲレンデなどスノーボードに関する情報からビューティケアや冬ファッションまで、最強のガールズスノーボーダーになるためのヒントをギュッと盛り込んだ今号は、スノーボードにハマっているコはもちろん、スノーボード初挑戦のコにも満足してもらえる1冊に仕上がっています。数々の女性ファッション誌で活躍する石田ニコルさんをカバーガールに据えた今作、ぜひチェックしてみてください!!